• 印刷する

【「スポーツ×アジア」の新時代】日本流スポーツクラブを輸出

ルネサンスのベトナム事業が活況

日本で培ったノウハウを活用し、アジアでスポーツ・ビジネスを展開する動きが加速している。ルネサンス(東京都墨田区)がベトナムの首都ハノイと南部ビンズオン省で手掛けるスポーツクラブでは、日本のクオリティーにこだわった運営が好評だ。子供向けスイミングスクールでは、水泳技術以外に「心配り」や「整理整頓」「用具を大事に扱う」といった行儀やマナーも学べるとの評判を呼んでいる。

ベトナムでルネサンスが運営するフィットネスクラブ(同社提供)

ベトナムでルネサンスが運営するフィットネスクラブ(同社提供)

■「行儀も良くなる」と評判

1~13歳の子供を対象にしたスイミングスクールの会費は3カ月(週1回)で462万ドン(約2万2,300円)と日本並み。平均所得が日本の7分の1以下のベトナムにあって、決して安いとはいえない。だが、富裕層を中心に、スイミングスクールの会員数も1,000人を超える。フィットネス会員なども含めた1日当たりの来場者数も1,000人を超え、施設の前には毎日オープン前から会員による長い行列ができる。

現地法人ルネサンス・ベトナムの大森健司社長は、「日本で培った経験やノウハウに基づく、日本クオリティーにこだわった運営が実を結んでいる」と話す。同社によると、ローカル企業が運営する施設は、「集客第一」。入会後はたとえ初心者であっても別途契約をしないとマシンの使い方など基本的なことも教えない。会費も交渉で決まるため、会員ごとに利用条件が異なり不平等感が募ることも多い。スイミングスクールでは、正しいフォームを理解せず、いわゆる根性論だけで泳ぎ切らせるという傾向が強く、かえって子供たちの水泳離れを助長させている。

子ども向けスイミングスクールは行儀も学べると好評(ルネサンス提供)

子ども向けスイミングスクールは行儀も学べると好評(ルネサンス提供)

ルネサンスでは、顧客の安全と水泳を楽しむことを最優先に、入水前のシャワーや準備体操といった基本をはじめ、水泳を好きになるためのノウハウを駆使し、子供の成長に合わせた指導を徹底。トレーナーは、日本式の教え方を研修したベトナム人を採用している。合理的な指導の結果、多くの子供が3カ月以内に泳げるようになる。目に見えて上達する子供たちを見て感激した親が口コミで評判を広げている。

──────────────────────────────

■肥満や糖尿病が増えているアジア

アジア諸国では、経済成長に伴うライフスタイルの変化などを背景に、生活習慣病である糖尿病の患者が増えており、その割合は軒並み日本を上回る。また、運動不足や脂分の多い食習慣などから、都市部を中心に肥満や過体重が大きな問題となってきている。一方で、アジアの人々の健康増進に対する意識は着実に高まっており、日本の健康・スポーツビジネスにとって、有望市場といえる。(了)

※特集「『スポーツ×アジア』の新時代」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2019年1月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載していました。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(17:41)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(16:21)

三菱UFJ、アリウム債権をバンカメに売却(16:23)

唐揚げの天下鳥ます、香港1号店(17:48)

日系企業の求人、1~3月は製造業で横ばい(17:42)

工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度(04/25)

ホンダ、模倣品対策に本腰 電動スクーターや部品で続く流通(04/25)

日本電産が純利益15%減、中国減速で(04/25)

首都近郊に日本企業向けSEZ バングラ、9月に造成工事を開始(04/25)

JALとガルーダ、提携拡大 名古屋便など3路線で共同運航(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン