• 印刷する

【「スポーツ×アジア」の新時代】日本流スポーツクラブを輸出

ルネサンスのベトナム事業が活況

日本で培ったノウハウを活用し、アジアでスポーツ・ビジネスを展開する動きが加速している。ルネサンス(東京都墨田区)がベトナムの首都ハノイと南部ビンズオン省で手掛けるスポーツクラブでは、日本のクオリティーにこだわった運営が好評だ。子供向けスイミングスクールでは、水泳技術以外に「心配り」や「整理整頓」「用具を大事に扱う」といった行儀やマナーも学べるとの評判を呼んでいる。

ベトナムでルネサンスが運営するフィットネスクラブ(同社提供)

ベトナムでルネサンスが運営するフィットネスクラブ(同社提供)

■「行儀も良くなる」と評判

1~13歳の子供を対象にしたスイミングスクールの会費は3カ月(週1回)で462万ドン(約2万2,300円)と日本並み。平均所得が日本の7分の1以下のベトナムにあって、決して安いとはいえない。だが、富裕層を中心に、スイミングスクールの会員数も1,000人を超える。フィットネス会員なども含めた1日当たりの来場者数も1,000人を超え、施設の前には毎日オープン前から会員による長い行列ができる。

現地法人ルネサンス・ベトナムの大森健司社長は、「日本で培った経験やノウハウに基づく、日本クオリティーにこだわった運営が実を結んでいる」と話す。同社によると、ローカル企業が運営する施設は、「集客第一」。入会後はたとえ初心者であっても別途契約をしないとマシンの使い方など基本的なことも教えない。会費も交渉で決まるため、会員ごとに利用条件が異なり不平等感が募ることも多い。スイミングスクールでは、正しいフォームを理解せず、いわゆる根性論だけで泳ぎ切らせるという傾向が強く、かえって子供たちの水泳離れを助長させている。

子ども向けスイミングスクールは行儀も学べると好評(ルネサンス提供)

子ども向けスイミングスクールは行儀も学べると好評(ルネサンス提供)

ルネサンスでは、顧客の安全と水泳を楽しむことを最優先に、入水前のシャワーや準備体操といった基本をはじめ、水泳を好きになるためのノウハウを駆使し、子供の成長に合わせた指導を徹底。トレーナーは、日本式の教え方を研修したベトナム人を採用している。合理的な指導の結果、多くの子供が3カ月以内に泳げるようになる。目に見えて上達する子供たちを見て感激した親が口コミで評判を広げている。

──────────────────────────────

■肥満や糖尿病が増えているアジア

アジア諸国では、経済成長に伴うライフスタイルの変化などを背景に、生活習慣病である糖尿病の患者が増えており、その割合は軒並み日本を上回る。また、運動不足や脂分の多い食習慣などから、都市部を中心に肥満や過体重が大きな問題となってきている。一方で、アジアの人々の健康増進に対する意識は着実に高まっており、日本の健康・スポーツビジネスにとって、有望市場といえる。(了)

※特集「『スポーツ×アジア』の新時代」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2019年1月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載していました。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:長期出張でクアラルンプ…(09/18)

JT、マレーシアで170人規模の人員削減か(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

ヒーローがeバイクの新モデル ヤマハ発と提携、100台試験販売(09/18)

フェローテックが中国投資拡大 国産化追い風に、3年で710億円(09/18)

日産暫定トップ体制始動、10月末までに後任選定(09/18)

カルソニック4工場閉鎖、日産不振響く(09/18)

隊列トラックの拠点新設へ、新東名―新名神(09/18)

スラバヤ準高速鉄道、24日にもMOU締結か(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン