公正競争の実現まだ道半ば 世銀、政策策定へ問題点洗い出し

世界銀行は4日、マニラ首都圏マカティ市で、フィリピンの公正競争に関するリポート「フィリピンの競争促進:過度な参入障壁への挑戦」を発表した。同国では4年前に公正競争法(独占禁止法)が成立したものの、電力や通信分野では依然として寡占状態が続いている。政府は現在、自…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸IT・通信電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都マニラ北西で22日…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

年内に上位中所得国入り、財務相が米で講演(04/24)

貿易産業省、オンライン製品認証手続き開始(04/24)

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(04/24)

23日株価指数:7818.93ポイント(04/24)

経営破綻の韓進現法、負債額は17.1億米ドル(04/24)

現代自の1Q販売、商用車好調で12.5%増(04/24)

PCC、ルソン系統の停電で調査へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン