公正競争の実現まだ道半ば 世銀、政策策定へ問題点洗い出し

世界銀行は4日、マニラ首都圏マカティ市で、フィリピンの公正競争に関するリポート「フィリピンの競争促進:過度な参入障壁への挑戦」を発表した。同国では4年前に公正競争法(独占禁止法)が成立したものの、電力や通信分野では依然として寡占状態が続いている。政府は現在、自…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸IT・通信電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:歌唱力を競う大会の動画…(11/18)

セメント3社が増益確保 1~9月、コスト削減を強化(11/18)

10月新車販売4%増、2カ月連続プラス(11/18)

公共事業差し止め法案、野党など批判(11/18)

20年の祝日リスト発表、大統領府(11/18)

鉱業フィレックス、年400万トン生産へ(11/18)

フルータスIPO、公募価格は下限に決定(11/18)

フィッチ、成長率予測を6%に上方修正(11/18)

9月の海外送金受取、6.3%増の26億ドル(11/18)

首都圏の労働移動率、4~6月は0.7%に(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン