• 印刷する

テイクオフ:水深二十数メートルでサ…

水深二十数メートルでサメを待つ。ふと海面を見上げると、魚群の移動が、わずかに届く光を遮った。これは大物到来の兆候かと期待に胸が高鳴り、吹き出す息が増える。

群れを広く眺めるようにしていると、ベテランダイバーが手をチョップのようにして、額にかざした。「え、ウルトラマンセブン?」と一瞬とまどったが、海の中ではサメを意味するハンドサイン。彼が指さす方向を目で追うと、魚の群れを断ち切るようにサッと進む大きな影が見えた。

あれは本当にサメだったのか。仲間の間では、否定派が多い。「サメはもっとゆっくり進むもので、大きめの魚ではないだろうか」と。ただ、捕食者に追い立てられて一目散に逃げる魚群は、大物と巡り会うチャンスらしい。

強い潮流にもまれ、流され流されたプエルトガレラの海。流れに乗って泳ぎ回る大物に、きっといつか会う。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン