国家維持党の解党判断、憲法裁が審理開始

タイの憲法裁判所は27日、タクシン元首相派のタイ国家維持党を解党すべきかについて、審理を開始した。同日付ネーション(電子版)によると、3月7日に最終判断を下す。 27日付バンコクポストによると、ウボンラット王女(67)を党の首相候補に擁立しようとしたことが問題とされ…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクの町中で最近、…(08/22)

【循環型経済】埋め立て減へ中間処理に商機 仏企業が投資、小売大手を顧客に(08/22)

2021年までオフィス賃料上昇 東南ア4都市、テック企業増で(08/22)

中興工程、タイにスマートシティーモデル区(08/22)

1.1兆円規模の景気刺激策を承認=政府(08/22)

7月の輸出は4.3%増、5カ月ぶりプラス(08/22)

空港公社がアプリ、フライト情報など提供(08/22)

運輸省、公共バスのチェックポイント設置へ(08/22)

ブルーライン延伸区間、試験運行2駅追加(08/22)

BTSグループ、商業RSの株式7%取得(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン