• 印刷する

《日系進出》五洲薬品、現地法人設立

医薬品や機能性食品の製造・販売を手掛ける五洲薬品(富山市)は6日までに、タイの首都バンコクに現地法人を設立したことを明らかにした。富山湾の海洋深層水を使った自然派商材への需要があると判断し、東南アジアでの本格展開を進める方針。

事務所は、バンコクのプラカノン地区に開設した。登記は2月8日に完了済みで、今月25日の開所セレモニー後に本格始動する。

同社の担当者によると、これまでタイでは、入浴剤やナチュラルボディーケア商品を、日系のドラッグストア「ツルハドラッグ」や雑貨店「ロフト」などで販売してきた。現在、地場の小売店での販売を計画しているほか、スパやホテル向けに業務用入浴剤などの売り込みも進めているという。

また、サプリメントや経口補水ゼリーなどの健康食品の販売も検討する。現在はベトナムや台湾で販売しているが、現地で好まれる糖度や味が日本とは違うことが分かったため、東南アジア諸国連合(ASEAN)向けの製品を開発中だという。タイでの販売は、保健省食品医薬品委員会(FDA)から許可が下り次第始める。

現状タイで販売する製品は日本から輸入しているが、今後OEM(相手先ブランドでの生産)などのニーズが高まれば、タイをはじめとする東南アジアでの生産も視野に入れているという。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

賃上げで工場の海外移転も=CPF(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン