【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長

フィリピンにとって、電気自動車(EV)の普及は東南アジアの自動車大国に対抗するための大きなチャンスだ。蓄電池(バッテリー)の主材料のひとつであるニッケルを多く生産し、電子産業が集積する利点は大きい。フィリピン電気自動車連盟(EVAP)は、業界をまたいだ連携でE…

関連国・地域: タイインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(16:22)

アボイティス、ベトナム再エネ事業に投資へ(16:22)

ネスレ、25年までに全包装を再生可能に(16:22)

テイクオフ:首都マニラ北西で22日…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

年内に上位中所得国入り、財務相が米で講演(04/24)

貿易産業省、オンライン製品認証手続き開始(04/24)

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(04/24)

23日株価指数:7818.93ポイント(04/24)

経営破綻の韓進現法、負債額は17.1億米ドル(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン