• 印刷する

テイクオフ:今年に入り、台湾で児童…

今年に入り、台湾で児童虐待事件が相次いでいる。ニュースを見て思い浮かぶのは夜遅くに家路につく近所の子どもたち。

台湾は親子が触れ合う時間が十分とは言えない。子どもは小学生の頃から毎日塾に通い、帰宅するのはいつも夜8時ということも珍しくない。一方、親も大変だ。共働きな上、台湾の労働時間は世界最長レベル。しかも一方が子育てに専念した途端、高い住宅費などに家計を圧迫される。ストレスにさいなまれた両親が、勉強詰めで疲れ果てた子どもの甘えにかっとなる。そんなケースもあるのではと思ってしまう。

政府は対策として、現在開会中の立法院(国会)で児童虐待の厳罰化を目指すという。ただ、子どもに手を上げる親はそもそも罪の意識がないともされ、効果は未知数。個人的には、親子団らんの時間を確保することの方が得策だと思っている。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台北にアジア初のキンプトン 個性派高級ホテル、来年は東京にも(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

経営危機の緑能科技、債務超過で上場廃止へ(03/22)

ASUSのスマホ事業、18年は120億元の損失(03/22)

エイサー、18年の純利益は前年比9%増(03/22)

12歳以上の市民、18年は86.5%がネット使用(03/22)

南亜、12.3億元でポリ系剥離フィルムの生産増強(03/22)

高雄仁武産業園区、航空宇宙産業の集積地に(03/22)

七休一の輸送業例外規定、労働部が廃止検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン