製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)

フィリピンのミンダナオ島で、日系や地場企業による投資が増えつつある。ダバオ市出身のドゥテルテ大統領が就任した2016年6月以降、ダバオ地域を中心に経済特区の整備が進んでいる。「フィリピンの食料庫」とも呼ばれる同島では、バンサモロ基本法(BOL)批准による治安改善が…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 農林・水産その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンでは、199…(03/26)

大塚製薬、SEAゲーム協賛 アジア大会に続きポカリ認知強化(03/26)

農林中央金庫、商銀大手BDOと業務提携(03/26)

25日為替:$1=52.520ペソ(↓)(03/26)

財閥SMの税還付申立て、請求額減額の判決(03/26)

フィリピン航空、デリー直行便の運航延期(03/26)

日産現法、4月1日から新社長に名嶋氏(03/26)

鉄鋼大手スチールアジア、初のカナダ輸出(03/26)

ニッケルアジア、18年は輸出拡大で増収増益(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン