• 印刷する

テイクオフ:来月24日にタイで予定…

来月24日にタイで予定されている実質8年ぶりの総選挙(2014年総選挙は無効)では、700万人が初めて投票する機会を得る。自分もそのうちの1人だ。デジタル世代の新たな有権者にアピールするために、最も有効な選挙活動はオンラインだろう。

各党もその重要性を把握していて、選挙活動が解禁されてから連日フェイスブック上で選挙関連の投稿が続いている。実は政治に対して、過去の歴史から良いイメージがなく、関心が薄かった。ただ、日々オンラインで各政党の投稿を眺めているうちに、それぞれの考えやマニフェストを学ぶことができ、選挙の重要性に気付くきっかけとなった。

最近の関心事である大気汚染の指数も、当局がフェイスブックを通じて発表している。だがそうなるとオンラインにアクセスできない人との間で、ますます情報格差が生まれていくとも感じる。(木)


関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン