• 印刷する

年内にQRコード統一規格導入へ、中銀意向

ミャンマー中央銀行のボ・ボ・グエ副総裁は、年内にもQRコードを使った電子決済システムの統一規格を導入する計画だと明らかにした。導入後は決済会社や通信事業者を問わず、QRコードが利用できるようになる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が14日伝えた。

同副総裁は現在、導入に向けた関連規制の策定のほか、カード大手のVISA(ビザ)やJCB、地場のウェーブ・マネー、エム・ピテサン(M―Pitesan)、OKダラーのほか中国の支付宝(アリペイ)など電子決済サービス事業者との協議を進めていると説明した。

中銀金融機関規制局のタン・タン・スウェ局長は、統一規格の導入について「小売店での支払いが大幅に簡易化する」と期待を示した。

ミャンマーでは2011年に中銀が主導する決済機関ミャンマー・ペイメント・ユニオン(MPU)が設立され、MPUに加盟した国内の銀行でデジタル化が推進されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

年内に電化率50%目指す 政府、電気料金値上げも示唆(03/22)

〔寄り道〕「今が暑さのピークでしょうか…」。(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

JOIN、ティラワのバルクターミナルに出資(03/22)

三井住友海上、ティラワの災害リスクセミナー(03/22)

日新電機、ヤンゴン公社に配電自動化システム(03/22)

近藤鋼材、ヤンゴンに鉄骨図面作成会社(03/22)

2月のインフレ率7%、18年1月以降で最高(03/22)

タニンダーリ環境保護相、首相に正式任命(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン