• 印刷する

メトロパシ、カビテに国内最大級の配送ハブ

フィリピンの複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)は、カビテ州に国内最大規模の配送センターを建設する。物流子会社メトロパック・ムーバーズ(MMI)が13日、財閥アボイティス・グループの建設部門アボイティス・コンストラクション(ACI)と、配送センターのマスタープラン(基本計画)策定と基本設計業務に関する合意覚書(MOA)を締結したと発表した。

地元各紙によると、MMIは昨年に12億ペソ(約25億5,000万円)で購入したゼネラル・トリアスの面積20万2,000平方メートルの用地に「サウス・メガ・ディストリビューション・センター(DC)」を建設する。完成すれば賃貸可能面積は2万5,000平方メートルとなる予定。ACIは半年~1年をかけて基本設計など着工の準備を終わらせる。

MMIは昨年、2億479万ペソを投じて、ブラカン州サンラファエルにも面積27万7,857平方メートルの用地を購入。「ノース・メガDC」を建設する計画だ。

MMIは2016年に設立され、現在はトラック520台を保有し、マニラ首都圏をはじめとする全国で総延べ床面積20万平方メートル以上の倉庫を運営する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(18:57)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(19:48)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:クリスマス商戦が終わっ…(01/27)

噴火の警戒レベル引き下げ 2週間ぶり、避難区域も縮小(01/27)

商船三井、火山噴火の被災者に1万ドル(01/27)

新型肺炎疑いの男児、検査で陰性=保健省(01/27)

武漢とのチャーター便運休、比「新型肺炎終息まで」(01/27)

日本が資金協力第2弾、養蚕普及支援で(01/27)

EUの特恵関税、19年の利用は低調(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン