江蘇省、環境汚染防止で政策意見

江蘇省政府は先ごろ、同省の環境保護や環境汚染防止の強化に向けた政策意見を発表した。この中で、2020年までに微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)を46マイクログラムに引き下げる目標を掲げた。10日付新華日報が伝えた。 大気汚染の防止につい…

関連国・地域: 中国-江蘇
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:周囲は傘、傘、傘でなか…(07/16)

韓進造船所、国際港に転換 債権団が提案、日米など関心か(07/16)

2Q経済成長6.2%、0.2P縮小 92年以降で最低、通年目標は超過(07/16)

条例巡る衝突、大湾区政策に不利か=地元紙(07/16)

6月の鉱工業生産6.3%増、伸び率1.3P拡大(07/16)

インフラ2件の変更を承認、経済開発庁(07/16)

シアヌークビルに中国領事館開設へ(07/16)

2Qの設備稼働率は76.4%、1年ぶりに上昇(07/16)

林鄭長官「誠意持って任務遂行する」(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン