• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの高齢者…

オーストラリアの高齢者介護施設で働いている知人がいる。日本でも看護師としての経験がある彼女が、日本で学んだ方法で入居者の体位変換(床ずれ防止のために体の向きを変える介助)を行った。すると、今後はやらないようにと注意されたという。そのやり方は、腰を痛める可能性があるためらしい。専用の装置もあるという。

職員を守る労働衛生の意識が強いオーストラリアならではの指摘だと思ったが、その一方で、入居者の食事は、ハンバーガーやラザニアなど脂肪分が多いものと、砂糖たっぷりのデザートで、高齢者向けとは思えないものが多いという。

オージーは年をとっても脂っこいものを好む、ということか。昨今高齢者介護施設に関しては、多数の問題が発覚しているが、入居者の希望が無視されていないことを祈るばかりだ。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:石灰岩の鍾乳洞で有名な…(02/15)

住友、WA州電力企に食指 保有発電所とシナジー効果狙い(02/15)

豪連邦、資源産業活性化の20カ年計画発表(02/15)

豪大学新卒者の人気就職先、デロイトが首位(02/15)

3年内に金融業界の監査を実施=連邦政府(02/15)

決算シーズン、政治不安と融資厳格化が影響(02/15)

NSW―SA電線、敷設なら電気料金大幅減(02/15)

アダニのQLD炭鉱、最終認可さらに遅延へ(02/15)

〔オセアニアン事件簿〕QLDの洪水で牛50万頭死亡、軍隊派遣要請(02/15)

インフラ諮問機関、EV施設の拡充を提案(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン