• 印刷する

日本の豚肉輸入を一時禁止、豚コレラ発生で

フィリピンのピニョル農相は10日、日本からの豚肉・豚製品の輸入を一時停止するよう当局に指示したと明らかにした。日本で1992年以来の「豚コレラ」(CSF)発生が確認されたことを受けた措置となる。

同日正午、動物産業局に対して一時的な輸入規制をするよう指示した。また、空港・港湾の検疫担当者には、各国からの観光客が持ち込む全ての肉製品に対する監視体制を見直すよう促した。

8日時点では、岐阜県、愛知県、長野県、滋賀県、大阪府でCSFに感染した豚が見つかっている。日本では、92年の熊本県を最後に発生例がなく、2007年に清浄化していた。

CSFには有効なワクチンが存在。中国などで猛威を振るっている、ワクチンと治療法がない「アフリカ豚コレラ」(ASF)とは全く違う病気で、日本におけるASFの発生報告はない。CSF、ASFとも人には感染しない。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン