• 印刷する

1月二輪車販売台数、18%増の57万台

インドネシア二輪車製造業者協会(AISI)によると、1月の国内二輪車販売台数(販売店への出荷ベース、確定値)は、前年同月比18%増の56万9,126台だった。輸出台数は76%増の6万7,016台。販売台数の88%、輸出台数の72%をスクーターが占めた。

販売台数は、ヤマハ以外の4メーカーが前年同月から成長した。首位のホンダは28%増。このうち76%が排気量125cc以下のスクーターだった。

TVSは4.6倍に急増し、2018年通年の販売台数(331台)の43%に当たる143台を販売した。

5メーカー全てが前年同月から輸出台数を増やした。カワサキが3.1倍、ホンダが2.8倍に拡大した。カワサキは全台数が200cc以下のスポーツタイプ、ホンダは70%が125cc以下のスクーターだった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のコンビニが24時…(05/22)

現職ジョコ大統領が再選 選管発表、対抗馬に11ポイント差(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

闘争民主党が第1党維持、国会議員選挙(05/22)

プラボウォ陣営、憲法裁判所に提訴へ(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

選挙結果でデモ、休業とする学校や企業も(05/22)

7月の自動車展示会で新型マツダ3を発売(05/22)

高速道MPTC、ミャンマーなどの計画撤回(05/22)

MRT第2期、車庫はアンチョール地区に(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン