当局が中国人2人殺害、覚醒剤事件で銃撃戦

【マニラ共同】フィリピン麻薬取締局は4日までに、同国北部カビテ州タンザにある倉庫で覚醒剤の売人の中国人2人と銃撃戦になり、いずれも殺害したと明らかにした。倉庫内から末端価格で約19億ペソ(約40億円)相当の覚醒剤約274キロを押収した。 麻薬取締局によると、覚醒剤があ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オンライン会見はどうも…(11/26)

6千万人分のワクチン確保へ 政府準備、コロナ収束目指す(11/26)

PCR検査費用に上限設定、保健省(11/26)

アビガン治験開始、3カ月ずれ込み(11/26)

コロナ感染新たに1202人、計42万2915人(11/26)

トヨタ、SUV「ラッシュ」を改良(11/26)

フィリピン航空、民事再生法の申請検討(11/26)

高速料金の電子化、800カ所で対応完了(11/26)

南北通勤鉄道、工事4件の入札開始(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン