【月次リポート】動向(1月)

■首都の大気汚染が深刻に 2019年は大気汚染の深刻化という環境問題がクローズアップされて幕を開けた。首都バンコクで微小粒子状物質「PM2.5」の観測数値が、タイ保険省保健局が定める安全基準の1立方メートル当たり50マイクログラムを超える日が続いた。 政府は自動車の排気…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首都の活動制限を一部緩和 ジムやマッサージ店、感染減少で(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

市中感染125人、首都西郊で92人(21日)(01/22)

コロナ禍で20年は貧困層150万人増=世銀(01/22)

生活費補助第2弾、募集開始9分で定員到達(01/22)

香港とタイ、ファンド相互承認で覚書(01/22)

BMW、「5シリーズ」の新型モデル発売(01/22)

レッドラインの運賃、14~42バーツに設定(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン