【月次リポート】動向(1月)

■首都の大気汚染が深刻に 2019年は大気汚染の深刻化という環境問題がクローズアップされて幕を開けた。首都バンコクで微小粒子状物質「PM2.5」の観測数値が、タイ保険省保健局が定める安全基準の1立方メートル当たり50マイクログラムを超える日が続いた。 政府は自動車の排気…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマーのヤンゴン国…(12/09)

電子部品3Q決算は5割減益 米中摩擦で打撃、他業種へ投資も(12/09)

JBIC、EMSの堅田電機に1億円融資(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ホンダの新型シティ、1週間で2千台超受注(12/09)

自動車買い替え優遇策、16日に官民が協議(12/09)

ウタパオ空港、第2ターミナルが正式開業(12/09)

内閣、運輸関連PPP事業の詳細案を承認(12/09)

ラマ3高速道、来年4月までに全契約締結へ(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン