• 印刷する

【「スポーツ×アジア」の新時代】本当の強さで札幌のサポーターに恩返しを

チャナティップ選手インタビュー

テレビ朝日系列で生放送されているスポーツ番組『やべっちF.C. ~日本サッカー応援宣言~』に出演し、その元気でおちゃめなキャラクターを全国の視聴者に披露したこともあるチャナティップ選手は、札幌のサポーターからも人気が高い。

だがインタビューすると、信仰者のような真面目さでサッカーと向かい合う彼の姿が印象的だ。「航空チケットを買って、タイからわざわざ札幌まで私の試合を観に来てくれるファンには毎試合良いプレーを見せていきたいと思って毎回ピッチに立っています」。最高レベルの競技者であり、ファンを魅了するエンターテイナーでもあり続けるために、与えられた場面場面で自分は何をすべきか。一見クールに見える視線の奥からは、そんなプロ意識が垣間見えるよう。

タイやベトナムなどアジアサッカーの競技レベルも向上しつつあり、今後はチャナティップ選手に続いてJリーグでプレーするアジアの選手が増えていくかもしれないが、「テクニックがあるだけでは日本でプレーを続けていくことはできない。やはりメンタルの部分が強くないと、すぐに帰ってしまう。だからこそ自分は日本人選手より強いと思っているし、そうありたいと練習に励んでいる」と言う。

札幌でプレーして1年半余り。札幌の印象を聞くと、「札幌の市民はみんな優しい。最近良いプレーができているから、札幌のサポーターたちにも認めてもらえているのもあると思う」と冷静だ。

休みの日は自宅でゆっくり過ごすことが好きだが、時折友人たちと市内の行きつけの焼き肉レストランでジンギスカンを食べるのが楽しみだと言って笑顔を見せてくれた。

<プロフィル>

1993年10月5日、タイのナコーンパトム県生まれ。2014年に東南アジアサッカー選手権で優勝し、大会選定の最優秀選手賞を史上最年少で受賞した。16年からムアントン・ユナイテッドFCでプレーしたが、17年7月より1年半の期限付き移籍で北海道コンサドーレ札幌に加入。レギュラーとしてリーグ戦16試合に出場し、チームのJ1残留に貢献。チャナティップ選手の活躍もあり、18年にはJリーグにタイ人選手が増えるきっかけとなった。19年2月にコンサドーレへ完全移籍する。

※特集「『スポーツ×アジア』の新時代」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2019年1月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

三思会がクリニック開業、医療法人で初認可(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

地方大学でIT人材発掘 日本企業、AP州で就職説明会(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

日本支援のマニラ南北通勤鉄道が着工(02/18)

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン