5号線の中央区間改修、運輸省が3社と合意

カンボジア公共事業・運輸省は28日、日本が資金協力している国道5号線の改修事業で、中央区間について、大林組、韓国とベトナムの合弁など計3社と合意した。総事業費は2億4,374万米ドル(約267億円)。42カ月間での完成を見込む。 対象区間は110キロメートルで、道路の幅を23メ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車運輸


その他記事

すべての文頭を開く

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

シアヌークビルに観光特区、沿岸部を開発(02/25)

ホテル開業続く、新型肺炎の影響なく(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

イオン、ネット配送を本格化 多忙な現代人の需要取り込み(02/24)

自動車組み立て産業向け優遇措置、継続へ(02/24)

香港との租税条約、1月に発効(02/24)

通信SEATEL、5Gの試験運用開始(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン