• 印刷する

売却説に終止符か、韓国ミニストップ

28日付韓国経済新聞は、韓国ミニストップの売却が中断されたと報じた。ミニストップの親会社であるイオングループが、ロッテグループなどの買収に興味を示していた企業に伝えたという。昨年からささやかれていた売却説に終止符が打たれそうだ。

韓国ミニストップの売却説が浮上したのは昨年7月。ロッテグループのセブン―イレブンや新世界グループのEマート24など同業に加え、プライベート・エクイティ・ファンド(PEF)運用会社のグレンウッドPEなどが買収に名乗りを上げていたとされる。

ただ、韓国ミニストップは当初から売却説を否定していた。同社の広報担当者は昨年7月、NNAに対し、「(売却説は)証券業界で出回っているうわさにすぎない。営業実績は好調で、18年3~5月期の営業利益も前年同期に比べ3倍以上に増えている」と反論していた。

2018年半ばから売却説が絶えなかった韓国ミニストップ=ソウル(NNA撮影)

2018年半ばから売却説が絶えなかった韓国ミニストップ=ソウル(NNA撮影)


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/15)

ハンファ、トルコの太陽光事業から撤退か(02/15)

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(02/15)

デジタル印刷に商機あり オフセットからの転換需要が拡大(02/15)

23年に売上2兆円、韓進が経営刷新案(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

現代・起亜自の新卒採用、各部署で随時に(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成(02/15)

サムスンが新技術、ブロックチェーン関連で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン