• 印刷する

オラム、向こう6年で砂糖など4部門売却へ

三菱商事が17.4%出資するシンガポールの農作物商社オラム・インターナショナルは25日、砂糖やゴムなど4部門の売却を計画していると明らかにした。事業構成見直しの一環で、向こう6年の間に実施する。

オラムが発表した2024年までの6カ年計画によると、◇砂糖◇ゴム◇木材製品◇肥料――の4分野の事業などを売却する方針。これにより約16億米ドル(約1,752億8,000万円)を得る見込み。

同時にオラムは、成長分野とみる◇ナッツ◇ココア◇穀物・飼料◇コーヒー◇綿花◇香辛料◇食用油◇インフラ・物流◇乳製品◇コメ◇加工食品◇コモディティー金融サービス――の12分野に35億米ドルを投資する。消費者の嗜好がより健康的で持続可能性を意識したものにシフトしているほか、電子商取引(EC)の利用が増えているといった傾向を踏まえ、成長潜在性の高い分野に経営資源を集中させる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:19日は通常よりも満月…(02/21)

コンテナ運送のデジタル化推進 ホーリオ、マッチングアプリ始動(02/21)

港湾規模の格差がさらに拡大 対シンガポール、国家政策が必要(02/21)

車両購入権価格、4項目で上昇(02/21)

訪日シンガポール人、1月は7%増(02/21)

卸売り販売額、10~12月期は17%上昇(02/21)

トプコン、アイケア事業の新会社設立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

セブンドリーマーズ、いびき防ぐ機器販売(02/21)

ボーステッド、ブキビンタンのホテル売却へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン