• 印刷する

華信航空、台北発着花蓮経由の沖縄便を検討

航空台湾最大手の中華航空(チャイナエアライン)の何煖軒董事長はこのほど、傘下の華信航空(マンダリンエアライン)が、台北発着で花蓮空港を経由して沖縄県の宮古島、石垣島をそれぞれ結ぶ便を今夏以降にも就航する考えを明らかにした。25日付聯合報などが伝えた。台北側の発着が、台湾桃園国際空港か台北松山空港かどうかは明らかにしていない。

何董事長が花蓮県を訪れた際、同県選出の蕭美琴立法委員(国会議員)に対し、花蓮を経由して沖縄に向かう便の就航を検討していることを伝えた。何董事長は、「花蓮住民にとってはより海外渡航が便利になり、同時に日本からの旅行客も呼び込める」と述べた。

蕭立法委員は「花蓮は日本からの移民を受け入れた歴史がある上、日本人観光客からも人気が高い。沖縄便の就航は花蓮の国際的な知名度アップにつながる」と期待感を示したという。

花蓮空港は、18年10月末に香港との直行便が運行を停止し、現在は台湾域内とを結ぶ便だけしか運行されていない。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:正直、ひっくり返るとは…(06/19)

華為売上高減ショックに注視 台積電など、業績下方修正は必至(06/19)

1~5月の半導体生産機械輸出額、過去同期最高(06/19)

グーグル中華圏トップ、初の台湾人陳氏が就任(06/19)

古河電工の工場で火災、死傷者はなし(06/19)

JDI「財務安定化」急ぐ、株主は先行き不安視(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

国光生技、第2充てんライン21年量産開始へ(06/19)

桃園駅前の店舗賃料、サツドラがトップ(06/19)

精密金属加工の宇隆、台湾で生産拡大(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン