• 印刷する

メジャー、バンコク東部でオフィスビル開発

タイの複合映画館(シネマコンプレックス)最大手メジャー・シネプレックス・グループ系列の不動産開発会社メジャー・デベロップメントは、バンコク東部のラマ9世通り・ラムカムヘン地区にオフィスビルをメインとした複合施設を開発する計画だ。24日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

プロジェクト名は「メジャータワー・ラマ9―ラムカムヘン」。21億バーツ(約73億円)を投じ、空港鉄道「エアポート・レール・リンク(エアポートリンク)」のラムカムヘン駅から600メートルの地点にオフィスビル、コンドミニアム(分譲マンション)、小売りスペースから成る複合施設を開発する。施設面積は計2万5,000平方メートル。

ラマ9世通り・ラムカムヘン地区はラチャダピセーク通りやトンロー通り(スクンビット・ソイ55)に近い新興ビジネス街として発展中。オフィスビルの入居率は90%以上、賃貸料の上昇率は年7%だという。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:「これは私の贖罪(しょ…(09/18)

8月の自動車生産は8%減 輸出向け不調、通年目標見直しも(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

8月の車輸出20.5%減、オセアニア向け不振(09/18)

8月の産業景況感92.8、3カ月連続で下落(09/18)

チャチュンサオ県で住宅開発増、供給過剰も(09/18)

タイポリコンズ、チェンマイ大の施設を受注(09/18)

国道局と地方国道局、管轄の道路を一部交換(09/18)

LCCノックスクート、日本路線を拡充へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン