• 印刷する

メジャー、バンコク東部でオフィスビル開発

タイの複合映画館(シネマコンプレックス)最大手メジャー・シネプレックス・グループ系列の不動産開発会社メジャー・デベロップメントは、バンコク東部のラマ9世通り・ラムカムヘン地区にオフィスビルをメインとした複合施設を開発する計画だ。24日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

プロジェクト名は「メジャータワー・ラマ9―ラムカムヘン」。21億バーツ(約73億円)を投じ、空港鉄道「エアポート・レール・リンク(エアポートリンク)」のラムカムヘン駅から600メートルの地点にオフィスビル、コンドミニアム(分譲マンション)、小売りスペースから成る複合施設を開発する。施設面積は計2万5,000平方メートル。

ラマ9世通り・ラムカムヘン地区はラチャダピセーク通りやトンロー通り(スクンビット・ソイ55)に近い新興ビジネス街として発展中。オフィスビルの入居率は90%以上、賃貸料の上昇率は年7%だという。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

UOB銀、タイでデジタルバンクを開始(02/19)

テイクオフ:来月24日にタイで予定…(02/18)

電動ボート、首都河川で運航 大気汚染で公共交通の電動化機運(02/18)

タイ中高速鉄道の一部区間、来月契約締結へ(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

18年1~11月の模倣品押収4倍増、密輸急増(02/18)

グロウの東部発電所売却、5社が購入に関心(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン