SMのマニラ湾埋め立て、環境改善で頓挫も

フィリピン政府がマニラ湾の環境改善計画に乗り出したことを受け、財閥SMグループが旗を振る同湾の埋め立て開発事業が頓挫するのではないかとの観測が強まっている。株式市場でもこれが材料になり、不動産部門SMプライム・ホールディングスの株価が一時、大幅に下落した。地元…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マラウイ債を間もなく発行、インフラ建設に(18:04)

PLDT、華為などと5G商用化で交渉(21:14)

タンドゥアイ、2年連続でラム酒世界一に(21:13)

テイクオフ:朝に台所でコーヒーをい…(06/18)

5月新車販売は3.1万台 商用車好調で4カ月連続プラス(06/18)

首都圏の空港開発全て許可を、商工会が要請(06/18)

首都郊外のコンテナデポ稼働率低迷、閉鎖も(06/18)

クラーク工業団地、物流以外の企業も誘致へ(06/18)

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(06/18)

4月の海外送金受取、4.0%増の24.4億ドル(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン