SMのマニラ湾埋め立て、環境改善で頓挫も

フィリピン政府がマニラ湾の環境改善計画に乗り出したことを受け、財閥SMグループが旗を振る同湾の埋め立て開発事業が頓挫するのではないかとの観測が強まっている。株式市場でもこれが材料になり、不動産部門SMプライム・ホールディングスの株価が一時、大幅に下落した。地元…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:遅すぎる――。日系の大…(02/19)

中国人不法就労者急増にメス オンラインカジノの実態把握へ(02/19)

豚コレラ域内侵入か、越から輸入禁止(02/19)

「アフリカ豚コレラ」関連資料(02/19)

租税特赦法が成立、大統領は一部条項を拒否(02/19)

遅い審査は自動承認、政府が改善へ細則案(02/19)

インフレ率は2Qに目標値内に、予算管理相(02/19)

クラーク開発公社、昨年は過去最高益(02/19)

悪臭マニラ湾を浄化せよ、政府一丸7年計画(02/19)

18日為替:$1=52.330ペソ(↑)(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン