• 印刷する

中国江蘇省企業、プルサットで綿花栽培

中国江蘇省の紡績企業ジアングス・リアンファは、カンボジアの西部プルサット州で綿花栽培と加工工場の建設を検討していると明らかにした。同社は現在、プルサット州で綿花の生産実験を進めている。クメール・タイムズ(電子版)が18日伝えた。

ジアングス・リアンファによると、これまでの生産実験の結果は良好。十分な収穫が期待できると判断した場合は、農園180ヘクタールで本格的な綿花栽培を開始する。綿花は加工の上、州内の中国系縫製工場2カ所のほか、海外にも供給する計画だ。

プルサット州農業局の担当者は「ジアング・リアンファの工場新設が決まった場合、州内の農家と綿花の供給契約を結ぶように要請する」と述べた。

カンボジア農林水産省と江蘇省は2018年11月、農業分野での協力について覚書を交わした。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 繊維農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

CSXでの資金調達、累計で1.3億ドル突破(07/22)

違法書類保持の外国人、10カ国の7万人摘発(07/22)

違法ストは業界に打撃、縫製協会が警告(07/22)

日本政府、道路補修資機材の供与で資金協力(07/19)

店舗スペース供給、2Qは前年末比7%増(07/19)

サービスアパート供給、今年21%増見通し(07/19)

ゴム輸出量、上半期は24%増の10万トン(07/19)

違法プラごみ千トン超発見、南部の港で(07/19)

【カンボジア経済通信】首相が訪日、日本からの投資を期待 第347回(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン