• 印刷する

《日系進出》お好み焼き「千房」、1号店を27日オープン

お好み焼き専門店「千房」を軸に、お好み焼き、鉄板焼き店などを展開する千房ホールディングス(大阪市)は、インドネシアの首都ジャカルタに「千房」1号店を27日に正式オープンする。インドネシアの国民の多数を占めるイスラム教徒の来店客に配慮して、メインのお好み焼きや焼きそばをはじめ豚肉を使わないメニューを提供する。

1号店の「千房ジャカルタ店」は、南ジャカルタの商業施設「ガンダリア・シティー」の1階に出店する。店舗面積は57坪(約188平方メートル)で、座席数は90席。

27日夜から一般客向けにグランドオープンする予定。営業時間は、月~金曜が午前11時~午後10時、土日曜が午前11時~午後11時。店舗の運営は、千房とライセンス契約を締結した地場企業JADDIフーズが手掛ける。

千房ホールディングスの関係者によると、平均客単価は1,200~1,500円を想定している。

海外店舗は現在、ベトナム・ハノイに2店舗、米ハワイ、フィリピン、バンコク、香港、中国・福州市、台湾に各1店舗の合わせて8店舗。2020年3月までにジャカルタやマレーシア・クアラルンプール、中国の蘇州市と寧波市の4店舗など12店舗をオープンし、合計20店舗の展開を目指す。ロシアやブラジル、米ニューヨーク、英ロンドンへの進出も視野に入れている。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタ、ごみ削減コンテスト実施へ(13:35)

テイクオフ:花が好きな日本人の友人…(06/17)

【この人に聞く】独立系で初の中古車保証 プレミアG、消費者へ周知から(06/17)

DBS銀、ゴジェックとモバイル決済で提携(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

国際帝石、LNG設備建設で基本合意(06/17)

ハラル認証の取得義務、5~7年間の猶予(06/17)

東南スラウェシでフェロニッケル製錬所着工(06/17)

B30の使用義務化で軽油輸入を大幅削減へ(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン