• 印刷する

フィンテック企業の優遇策など要望、EY

大手会計事務所の英アーンスト・アンド・ヤング(EY)は10日、シンガポールの2019年度(19年4月~20年3月)予算案に対する要望書を公表した。フィンテック(ITを活用した金融サービス)企業への優遇策や、中小企業の研究開発(R&D)支援策などの導入を提案している。

EYは◇次世代分野の成長支援とハブ化◇社会福祉の充実◇企業の成長とイノベーション(技術革新)促進――の3つを柱に提言を行った。

次世代分野では、フィンテック企業に対し、条件に応じて5%または10%の優遇税率を設けることを提案。また、仮想通貨による決済時のGST(消費税)の取り扱いを明確にすることなどを求めた。現状、仮想通貨はサービスの一種と見なされ、決済時にGSTが課される。このため、仮想通貨を使って商品を購入すると、消費者は二重にGSTを支払う恐れがあるとしている。

社会福祉の充実では、個人の医療保険料や、高齢者の介護サービス利用費を税額控除の対象とすることなどを要望した。

企業の成長支援では、中小企業のR&D支援の枠組みを新設するほか、施設や設備の改築・改修費用を税額から控除することなどを提案した。

19年度予算案とそれに伴う政策の発表は2月18日に行われる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(18:42)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(19:01)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(18:55)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(19:12)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(18:26)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(18:22)

遺伝子データバンク、アジア人の8割カバー(18:22)

中小企業の65%、サイバートラブル経験(18:22)

7カ月連続輸出減、底入れまだ 通年は10年ぶり低水準の声も(10/18)

5G通信事業者、国内4者を選定へ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン