• 印刷する

テイクオフ:ごみをポイ捨てしたら、…

ごみをポイ捨てしたら、最大50万ルピア(約4,000円)の罰金――。首都ジャカルタの目抜き通りで毎週日曜に市民に開放される歩行者天国では、こんな取り締まりが行われている。

ジャカルタ州政府は、ごみの不法投棄の取り締まりを、2年以上前に始めた。2017年には、徴収した罰金の総額が6,700万ルピアに達したという。ポイ捨て犯があまりに多いのか、周知活動がこれでも足りないのか、軽視できない金額だ。そこで当局は最近、路上にごみを捨てた不届き者に、注意したその場で罰金を払わせている。懲罰のつもりなのか、罰金を払っている様子の写真をSNSに投稿し始めた。

厳格で知られたアホック元知事はその昔、当時の条例に則して罰金500万ルピアを適用すると言明したことがある。隣国のように高額罰金を導入すれば、ごみの不法投棄は減るだろうか。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

タイヤバルブの六暉、中国アモイ工場拡張(04/19)

テイクオフ:2億人近い有権者が一斉…(04/18)

ジョコウィ氏が再選確実 大統領選、得票率5割超でリード(04/18)

国会議員選、闘争民主党の第1党がほぼ確実(04/18)

インドネシアの主な政党(04/18)

史上初の同日選は混乱なし、首都南の投票所(04/18)

シティリンク、マレーシア進出計画を否定(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン