• 印刷する

オカダマニラ、元会長に逮捕状も事業影響なし

日本のパチンコ大手ユニバーサルエンターテインメント(東京都江東区)は7日、同社創業者である岡田和生元会長(76)らにフィリピンの地方裁判所が逮捕状を発出したものの、同社が同国で運営するカジノを含む統合型リゾート施設(IR)「オカダ・マニラ」の事業継続に何ら影響はないとの声明を発表した。

フィリピンの検察当局が昨年12月、岡田氏と、ユニバーサルの連結子会社でオカダ・マニラを運営するタイガー・リゾート・レジャー・アンド・エンターテインメント(TRLEI)の元社長、臼井孝裕氏を、TRLEIの役員報酬とコンサルティング料を不正に取得していたとして起訴。マニラ首都圏パラニャーケ市の地裁が、今月4日付で両氏への逮捕状を発出した。

フィリピンのカジノ関連事業のライセンス取得・維持では、経営者が規制当局の厳格な適性審査を受ける必要がある。ユニバーサルは、岡田氏と臼井氏が2017年6月16日にTRLEIの役員を解任され、岡田氏は同29日にユニバーサルの取締役を退任しているため、今回の起訴と逮捕状の発出は、オカダ・マニラの事業運営に影響を及ぼさないと説明した。

ユニバーサルは昨年9月、TRLEIの親会社である香港の完全子会社を通じてフィリピン証券取引所(PSE)に上場する不動産投資会社アジアベスト・グループ・インターナショナルの株式の3分の2を買収した。取引については、同社が事実上の休眠会社のため、一部の株主が「裏口上場を狙った株式取得で、株主の利益に反する恐れがある」と主張し、証券取引委員会(SEC)に異議を申し立てている。ユニバーサルは、この株式取得についても、岡田氏らの事件の影響はないとしている。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所狭しと並べられた豪華…(05/12)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

GDP、1~3月4.2%減 5期連続マイナス、感染拡大響く(05/12)

新型コロナ、新たに4734人感染(05/12)

ワクチン接種の義務化は撤回、外国人家政婦(05/12)

インド型変異株、国内初の感染確認(05/12)

米ファイザー製ワクチン、第1便が到着(05/12)

マスク着用義務違反、早くも900人逮捕(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン