• 印刷する

米中摩擦、0.5%成長押し上げ=みずほ総研

みずほ総合研究所は26日に発表したレポートで、ベトナムの国内総生産(GDP)は米中貿易摩擦により0.5%程度の成長が見込まれ、国・地域別で最大のメリットを受けると分析した。

サプライチェーンを通じたマイナスの影響とともに、生産代替を通じたプラスの影響について国別および業種別に試算した結果、ネットでは当事国の米中でマイナスの影響が大きいのに対し、第三国ではプラスになった。

ただし、みずほ総研は「順番としては最初にマイナスの影響が現れ、プラスの影響は遅行して出てくると思われる」と予測した。また中国からの生産代替が進めば、アジアから対米貿易黒字が拡大する。生産代替の恩恵を享受しそうなベトナムやマレーシアなどは、既に対米黒字が大きいことから米国の保護主義の矛先が向かう可能性を指摘した。

レポートはサイト<https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/as181226a.pdf>から閲覧できる。


関連国・地域: 中国ベトナムアジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(00:24)

移動制限、タクシーや配車も 工場は稼働維持も増える在宅勤務(04/03)

新型コロナ、感染者は227人に(04/03)

陸海空の旅客輸送制限、国内移動も困難に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン