• 印刷する

米中摩擦、0.5%成長押し上げ=みずほ総研

みずほ総合研究所は26日に発表したレポートで、ベトナムの国内総生産(GDP)は米中貿易摩擦により0.5%程度の成長が見込まれ、国・地域別で最大のメリットを受けると分析した。

サプライチェーンを通じたマイナスの影響とともに、生産代替を通じたプラスの影響について国別および業種別に試算した結果、ネットでは当事国の米中でマイナスの影響が大きいのに対し、第三国ではプラスになった。

ただし、みずほ総研は「順番としては最初にマイナスの影響が現れ、プラスの影響は遅行して出てくると思われる」と予測した。また中国からの生産代替が進めば、アジアから対米貿易黒字が拡大する。生産代替の恩恵を享受しそうなベトナムやマレーシアなどは、既に対米黒字が大きいことから米国の保護主義の矛先が向かう可能性を指摘した。

レポートはサイト<https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/as181226a.pdf>から閲覧できる。


関連国・地域: 中国ベトナムアジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日系の18年昇給率、平均7.9% 金融が最大、19年は7.4%の計画(01/23)

ジェトロの日本企業講座、貿易大の48人修了(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

グラブとマクドナルド、配達で戦略提携(01/23)

双日、フーアンタン工業団地をお披露目(01/23)

FPTリテール、18年は20%増益(01/23)

ベトナム国境の市場は4月開業、商業省(01/23)

デジタルコンテンツ、18年の売上は9億ドル(01/23)

外国人7万人摘発、不正な身分証保有で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン