• 印刷する

比、即席コーヒーの緊急輸入制限撤廃へ

インドネシアの農業省検疫庁は26日、フィリピン政府がインドネシア産インスタントコーヒーに適用していた特別セーフガード(緊急輸入制限)措置を撤廃することで合意したと発表した。今月12日に首都ジャカルタで行われたフィリピン政府代表団との協議で決まった。撤廃により、フィリピンへのインスタントコーヒーの輸出額は年間6億米ドル(約662億円)に回復すると見込まれている。

フィリピン政府は、食品安全上の問題を理由に、特別セーフガード措置を取っていた。フィリピン農業省のノエル政策調査サービス局長は「遅くとも2カ月以内に撤廃する」と述べた。

フィリピン政府はまた、フィリピン産のバナナ(キャベンディッシュ種)やパイナップル、エシャロットなどの農産品について、フィリピンに近い北スラウェシ州ビトゥン港からの輸入を認めるようインドネシアに要請。インドネシア政府は、食品の安全性と病害虫対策の徹底などを条件に許可した。


関連国・地域: インドネシアフィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

投資阻害の法律72本を改正し一本化へ(20:58)

統計局、来年の国勢調査でデジタル技術活用(20:59)

テイクオフ:インドネシアの首都の移…(09/13)

トヨタ、新型カローラを発売 HVタイプを販売全体の15%目標(09/13)

第3代大統領のハビビ氏死去 独裁政権から民主化へ移行を実現(09/13)

過積載の取り締まり強化、道路交通法改正へ(09/13)

ボーキサイトなども禁輸加速を検討、調整相(09/13)

新車検査施設を23年までに拡張、EV対応で(09/13)

五菱が完成車輸出、年内にタイへ1000台(09/13)

双日と大阪府提携、東南ア2カ国進出で優遇(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン