• 印刷する

比、即席コーヒーの緊急輸入制限撤廃へ

インドネシアの農業省検疫庁は26日、フィリピン政府がインドネシア産インスタントコーヒーに適用していた特別セーフガード(緊急輸入制限)措置を撤廃することで合意したと発表した。今月12日に首都ジャカルタで行われたフィリピン政府代表団との協議で決まった。撤廃により、フィリピンへのインスタントコーヒーの輸出額は年間6億米ドル(約662億円)に回復すると見込まれている。

フィリピン政府は、食品安全上の問題を理由に、特別セーフガード措置を取っていた。フィリピン農業省のノエル政策調査サービス局長は「遅くとも2カ月以内に撤廃する」と述べた。

フィリピン政府はまた、フィリピン産のバナナ(キャベンディッシュ種)やパイナップル、エシャロットなどの農産品について、フィリピンに近い北スラウェシ州ビトゥン港からの輸入を認めるようインドネシアに要請。インドネシア政府は、食品の安全性と病害虫対策の徹底などを条件に許可した。


関連国・地域: インドネシアフィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中銀が為替介入、コロナ禍前の水準目指す(05/29)

OJK、銀行への追加的刺激策を発表(05/29)

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

西ジャワ州がPSBB延長、首都圏は6日間(05/29)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

経済活動の100%再開を勧告へ 感染1桁台が1週間なら、保健省(06/01)

バタム市、企業などに衛生規律の順守を徹底(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン