• 印刷する

ホンダ二輪現法、累計販売が4千万台に到達

累計販売4,000万台で記念撮影するHMSIの加藤稔社長(右)ら(同社提供)

累計販売4,000万台で記念撮影するHMSIの加藤稔社長(右)ら(同社提供)

ホンダのインド二輪車法人、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は20日、二輪車の累計販売台数が4,000万台に到達したと発表した。18年間での大台達成で、国内の二輪業界で最速のペースという。同社は先月、スクーターの累計販売台数が2,500万台に達したと発表していた。

HMSIは1999年に設立された。2001年に北部ハリヤナ州マネサール工場を稼働し、同年にスクーター「アクティバ」の初代モデルを発表。04年には排気量150ccの「CBユニコーン」を発売し、モーターバイク市場に参入した。

市場の拡大に応じて生産能力を増強しており、11年には西部ラジャスタン州タプカラに年産120万台の第2工場を開所。13年には南部カルナタカ州ナルサプラで同規模の第3工場を開所し、翌14年に年産能力を180万台に引き上げた。16年には西部グジャラート州ビタラプールでスクーター専用の年産120万台の第4工場を開所し、今年10月に同工場の年産能力を20年までに180万台に増強すると発表した。4工場を合わせた年産能力は、20年までに700万台に達する見込みだ。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冷戦時代、日本と欧州の…(07/17)

上期の住宅販売は22%増 回復基調続く、供給の6割が低価格(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

電動二輪ヒーロー、南部で工場設置を計画(07/17)

印企業の景況感、6月は過去最低水準に低下(07/17)

6月の卸売物価は2%上昇、2カ月減速(07/17)

貿易赤字、6月は152.8億ドルに低下(07/17)

インド企業、気候変動のリスクを懸念(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン