ヤマハ、タイを小型船外機の主力拠点に

ヤマハ発動機は20日までに、2021年12月期までにタイ工場を小型船外機の主力拠点にする方針を明らかにした。生産の効率化を進め、欧米を中心に増加する船外機の需要に応える。 同期までに船外機の年産能力を現状の30万台から10~15%引き上げる計画の一環として進める。現在タイで…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: その他製造運輸


その他記事

すべての文頭を開く

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

賃上げで工場の海外移転も=CPF(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン