• 印刷する

国内最速列車、デリー―バラナシで25日始動

インド国鉄は12月25日、国内初の動力分散式(EMU)列車「トレイン18」の商業運転を開始する。国内最速の最高時速160キロメートルで首都ニューデリーと北部ウッタルプラデシュ州バラナシを結ぶ。所要時間は8時間で、現行に比べ6時間ほど短縮される。今月29日にはモディ首相が視察する予定だ。フィナンシャル・エクスプレス(電子版)などが19日伝えた。

現在、西部ラジャスタン州のコタ管区で試運転が行われており、コタ―サワイ・マドプール間で最高時速180キロを記録した。

トレイン18は、特急列車「シャタブディ・エクスプレス」の後継車両。インド国鉄傘下のインテグラル・コーチ・ファクトリー(ICF)が製作を担当した。16両編成の車両の製造コストは10億ルピー(約16億円)で、量産化によって8億ルピーまで圧縮可能と考えられている。

同社のスダンシュ・マニ社長によると、2019年3月末までに2編成、19/20年度(19年4月~20年3月)には8編成の製造が可能だという。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

テイクオフ:IT企業に勤めるインド…(09/24)

政府、公共バス5600台導入へ 電気バスの需要が本格化(上)(09/24)

法人減税で国内生産の拡大に期待=車業界(09/24)

ヤンゴン、外国人はインド人が23万人で最多(09/24)

現代自インド法人、昨年度は21.5%増益(09/24)

オーストリアKTM、超高級バイクを発売(09/24)

二輪ヒーロー、設備投資額を下方修正へ(09/24)

燃料価格が上昇、6日連続(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン