• 印刷する

海外ごみ一斉摘発、129人を逮捕

中国税関総署は19日、廃棄物不法輸入の一斉摘発を行い、密輸に関わった129人を逮捕した。20日付経済日報などが伝えた。

税関総署の指揮の下、広東分署と天津、大連、上海、南京、寧波、青島、長沙、広州、深セン、汕頭(スワトウ)、黄埔、南寧、昆明の13直属税関から857人の取締官が出動。38の密輸グループを壊滅させ、廃プラスチックやスラグなど9万1,600トンの海外ごみを摘発した。

税関による一斉摘発は今年に入り5度目。これまでに立件した違法な廃棄物輸入は479件、摘発した輸入廃棄物は155万トン余り、犯罪グループは202組、逮捕者は718人に達した。

中国は長年にわたり資源不足を解消するため再利用が可能な固形廃棄物を輸入してきたが、昨年末から環境や国民の健康への影響が大きい廃棄物の輸入を全面的に禁止している。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

米中、決着へ6覚書作成(02/22)

中国企業の海外投資、1月は92億ドル(02/22)

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン