• 印刷する

日越少年サッカー大会、3対1で日本が勝利

大会最終日に行われた日越選抜選手によるオールスター戦の様子(ベトナム日本国際ユースカップU―13 in ビンズン実行委員会提供)

大会最終日に行われた日越選抜選手によるオールスター戦の様子(ベトナム日本国際ユースカップU―13 in ビンズン実行委員会提供)

日越サッカーの国際交流大会「ベトナム日本国際ユースカップU―13 in ビンズン」が14日から3日間、年内最後の日越外交関係樹立45周年の記念行事として、ベトナム南部のビンズオン省ビンズオン新都市で開かれた。

開会式と第1試合には、同大会の名誉顧問である梅田邦夫駐ベトナム大使が出席、観戦した。U―13(13歳以下)を対象に日越から各4チームが出場し、「東急SレイエスFC」が優勝した。準優勝は「川崎フロンターレ」で、日本からはこのほか「北海道コンサドーレ札幌」「川崎市選抜」が参加。ベトナムの最上位チームは「ハノイFC」で4位だった。

最終日に実施した両国の選抜選手による日越オールスター戦は、3対1で日本がベトナムに勝利。同試合の様子は国営放送ベトナムテレビ(VTV)のVTV6で生中継された。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持(01/21)

JAいわて中央、HCM市でリンゴの販促(01/21)

マイリンとリエンベト銀、電子財布で決済(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

デジワールド18年は増収増益、売上は1.5倍(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ICT産業の売上高、18年は990億ドル(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

製薬業界、薬価抑制などで19年の見通し低調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン