117年ぶり鐘の音響く、米戦利品が地元返還

【バランギガ共同】米国が20世紀初め、交戦中だったフィリピンから戦利品として持ち帰り、11日に返還された「バランギガの鐘」が15日、中部サマール島バランギガの教会に戻った。117年ぶりに鐘が鳴らされ荘厳な音が響くと、返還を待ちわびた地元の人たちは喜びに沸いた。 教会前の…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地の現金自動預払機(…(02/20)

新車販売のマイナス成長続く 1月は15%減の2.7万台(02/20)

トヨタの新ハイエース、比で世界初披露(02/20)

現代自の1月販売5%減、通年は楽観視(02/20)

19日為替:$1=52.210ペソ(↑)(02/20)

家電コンセプション、18年はペソ安で減益(02/20)

韓進のスービック造船所、操業を停止(02/20)

クラーク空港、18年旅客は過去最高266万人(02/20)

NAIA2の改修工事、来年3月に完了(02/20)

マランパヤガス田、18年生産は過去最高(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン