• 印刷する

ウミトロン、ペルーで2億円規模の養殖事業

シンガポールを本拠とする日系の水産テクノロジー新興企業ウミトロンは14日、南米ペルーのチチカカ湖でサーモントラウト養殖向けのモノのインターネット(IoT)プロジェクトを始動すると発表した。現地の信用組合などから200万米ドル(約2億2,700万円)の資金を獲得したという。

ウミトロンは日本にも開発拠点を持ち、IoT、衛星リモートセンシング、人工知能(AI)技術などを用いて、持続可能な水産養殖業のコンピューターモデルを開発。水産養殖業でコストの半分以上を占める給餌の最適化に取り組んでいる。

ウミトロンは今回、ペルーの大手信用組合アバコ(Abaco)と、その子会社でサーモントラウトの養殖・加工を手掛けるピスシス(Piscis)、米州開発銀行(IBD)傘下のIDBラボから出資を受け、琵琶湖の12倍規模のチチカカ湖でのサーモントラウト養殖の効率化に取り組む。

同湖では、養殖業者は広大な湖に浮かぶいけすと陸上の拠点を船で行き来しながら、手作業で餌やりをしている。ウミトロンのシステムを活用すれば、スマートフォンのアプリを使って餌をやったり、魚の状態を観察したりすることができ、悪天候の日の餌やりなど危険な作業を減らすとともにコスト削減効果が期待できる。過剰な給餌を防ぐことで湖全体の環境保護にもつながるという。

提携するピスシスはサーモントラウトをアジア、北米、欧州市場向けに輸出している。同湖の他のサーモントラウト生産者との技術共有にも積極的で、ウミトロンの技術を同湖の養殖業界に導入することで、地域全体の生産性向上と商品の高付加価値化を目指す。


関連国・地域: シンガポール日本中南米
関連業種: 農林・水産IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:どこの国にも話好きなタ…(07/16)

東南アで砂糖の売上550億円へ 三井物産、成長期需要取り込み(07/16)

通年の経済成長率0.7%、DBS銀が予測(07/16)

黎明期の産業向けに業界基準、企業庁が策定へ(07/16)

企業の説明責任にガイドライン、個人情報保護委(07/16)

サービスアパート大手、11カ国の物件追加(07/16)

6月の民間住宅販売戸数、前年同月比26%増(07/16)

エンジ大手コー、6.7億Sドルで取水設備受注(07/16)

香港のコンテナ取扱量、今年は8位に後退か(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン