• 印刷する

テイクオフ:ミャンマー国境に近い北…

ミャンマー国境に近い北部メーホンソン県の田舎町に、スートンペーという橋がある。スートンペーとは、シャン語で願いがかなう、成功との意味。寺と村の行き来を便利にしようという僧侶とクンマーイサック村の住民が共同で編み上げた竹の橋は、幅2メートル、全長500メートルに及ぶ。

緑が鮮やかな水田の間に伸びる橋では、毎朝午前6時半から、たく鉢が見られる。早朝のモヤがかかった橋の上で住民が待ち、たく鉢する様子は荘厳で、橋が交通の意味を超え、地域社会のつながりや信仰心の強さを象徴していることに気づく。

スートンペーには、バンコクであまり見られなくなった仏教徒の伝統や文化の美しさを一目見ようと、多くの観光客が訪れる。観光客が増える中、寺と住民がどのようにそれに対処していくのか。今後の地方の小さな村の観光振興の参考になりそうだ。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:午後10時過ぎにバンコ…(07/22)

コインランドリー市場に勢い 日本企業も参入、都市で需要狙う(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

ディーン&デルーカ、国内100店体制目標(07/22)

郵船ロジが改修倉庫を披露、顧客基盤拡大へ(07/22)

運輸相、空港整備加速に予算配分見直しも(07/22)

ナコンパトムに新空港建設を検討=運輸当局(07/22)

BTS、30分超の遅延で運賃払い戻し(07/22)

ブルーライン延伸区間、29日から試験運行(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン