• 印刷する

【18年の10大ニュース】試練の蔡総統、再選へ向け「自身を変革」

「最も変わらなければならないのはわたし自身」――。11月の統一地方選で大敗した後の、蔡英文総統の反省の弁である。

3年目に入った今年も、経済は悪くなかった。米中貿易摩擦が本格化するまで輸出はプラス成長が続き、経済成長率は2%台を維持。しかし、賃金の伸びはまだ低く、年金改革をはじめ痛みを伴う改革は猛反発を受けた。一方で、同性婚の法制化は民主進歩党(民進党)の支持者でも保守的な層から嫌われ、2025年までに脱原発を目指すエネルギー政策は「結局大気汚染を生む火力発電への依存度を高めるだけ」と批判を浴びた。

こうして16年の総統選で勝利した時の熱気はすっかり冷め、支持率が回復しないまま統一地方選に突入。結果は大敗だった。同時に行われた住民投票でも、民法での同性婚合法化や脱原発の実現など蔡政権の方針が否定されてしまった。

20年の次期総統選までに残された時間はわずか。その時までに蔡総統は「変わることができ」、出馬するのか。それとも対抗馬が登場するのか。しばらくは政治の季節が続く。

統一地方選での大敗を踏まえて、総統府内の通路で記者団の取材に応じるようになった蔡英文総統。親しみにくいといわれる自身のイメージを変えるのが狙いという=12月、台北(中央通信社)

統一地方選での大敗を踏まえて、総統府内の通路で記者団の取材に応じるようになった蔡英文総統。親しみにくいといわれる自身のイメージを変えるのが狙いという=12月、台北(中央通信社)

【第1位】地方選で与党大敗、蔡氏は党主席辞任

【第2位】特急脱線で18人死亡、全容解明はまだ

【第3位】花蓮地震で死者17人、観光業に打撃

【第4位】洋上風力発電本格化、日系も続々参入

【第5位】住民投票で激震、25年の脱原発に暗雲

【第6位】新会社法が11月施行、ガバナンス強化

【第7位】MOPにマツキヨ、日系サービス続々

【第8位】文化の懸け橋、誠品の日本出店決まる

【第9位】パネルの中華映管、会社更生へ

【第10位】3カ国が台湾と断交、連鎖止まず

【番外編】“韓流”旋風吹き荒れた高雄市長選


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

20年度公共事業予算、直近9年で最高(07/19)

TSMC、5G需要に期待感 業績に自信、3Qは2割増収へ(07/19)

華為などの通信製品、公的機関の購買禁止へ(07/19)

AI活用のバーチャル試着、元智大が開発(07/19)

システナ、奇邑と物流管理ソリューション(07/19)

広達、米MITとスマートヘルスケアで提携(07/19)

DRAM価格が急上昇、日韓貿易摩擦で(07/19)

成田がウナギ輸入佳境に、「土用の丑」控え(07/19)

光るタピオカ、台湾発ドリンクが日本上陸(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン