• 印刷する

テイクオフ:フィリピンのトランスジ…

フィリピンのトランスジェンダーモデル、ケビン・バロット氏を起用したヘアケアブランドのテレビCMが、性的少数者(LGBTQ)に勇気を与えている。長年、同性愛に保守的な立場をとってきたカトリック教徒が多数を占める同国で、多様性を包摂する社会の実現への一助となりそうだ。

バロット氏は「世界に敵視されていると感じるあなたへ」と語りだし、「道のりは厳しくても、強くなれる。私のように」というメッセージで締める。まだジェンダーを自覚していない「Q(クエッショニング)」の人々にも、自分らしく生きることを恥じないよう訴えかける。

フィリピンは「最もゲイフレンドリーな国」に選ばれたこともあるが、差別は根強く、受け入れられているとは言い難い。影響力が強い現地メディアで、LGBTQのポジティブな一面への注目が続くことを期待したい。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/24)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

19年成長率5.9%に減速 8年ぶり低水準、公共支出鈍く(01/24)

噴煙活動再び、高さ500メートルに(01/24)

噴火の被災者に物資提供、日本政府(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

シェブロンと開発公社の合弁、21年廃止へ(01/24)

マランパヤガス田、19年の生産量は微増(01/24)

メガワイド、南北鉄道2期受注を期待(01/24)

スカイウェイ第3期、6月までに開通(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン