【年始特集】日系23団体の年頭所感(上) 日比経済協力さらなる高みへ

2019年を迎え、在フィリピンの日本政府機関・日系企業23団体の代表者がNNAに年頭所感を寄せた。前編は政府機関と、民間の商社、銀行からのコメントを掲載する。日本とフィリピンの経済協力は18年に前進し、19年はさらなる高みを目指す。大手商社は今年、インフラ、物流、消費財…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(13:02)

地場KMC、首都郊外にシェアオフィス拡大(12:06)

テイクオフ:聖週間(ホーリーウイー…(04/23)

財閥10社、18年は15%増収 純利益に明暗、原油高響く(04/23)

資料:18年の財閥および大手複合企業の業績(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

バナナ輸出協会、日本の検疫強化に懸念(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

農業省、肉過剰受け輸入制限を検討(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン