• 印刷する

テイクオフ:1997年に韓国を襲っ…

1997年に韓国を襲ったアジア通貨危機の舞台裏を描いた映画「国家不渡りの日」が公開された。国民の関心も高く、最初の週で「ボヘミアン・ラプソディ」を抜いて観客数1位に躍り出た。映画では、有名女優のキム・ヘスが韓国銀行通貨政策チーム長役として、危機の到来をいち早く予想する。

韓国では、世界通貨基金(IMF)の傘下に入ったことに因んで、一般に「IMF危機」と呼ばれる。巨大財閥の大宇グループが解体し、街には失業者があふれた。資産を最安値で買うなどして江南エリアを中心に新興富裕層が誕生。格差も広がった。

ところで、当方も昨年12月、「通貨危機から20年」と題して3回に渡り企画記事を掲載した。日本人駐在員にも取材し、当時を振り返ってもらった。映画鑑賞後にでも、会員制サイトで当該記事を閲覧していただければ記者冥利に尽きる。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/14)

ダイトーキスコの工場で火災(09:51)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

対馬の韓国人客4割減、島内消費33億円減か(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン