豪州にLNGターミナル、韓国企業が推進

ロイター通信は、韓国企業で、浮体式液化天然ガス(LNG)貯蔵・再ガス化設備を手掛けるEPIKが、オーストラリアの東海岸にあるニューカッスル港にLNGを輸入するための専用ターミナルを建設する事業を推進していると伝えた。実現すれば、4億3,000万米ドル(約485億円)規…

関連国・地域: 韓国オーストラリア
関連業種: 運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

指紋認証でドアロック解除、現代自が導入へ(17:56)

良品計画、ソウルの大手書店内に初出店(15:02)

テイクオフ:韓国国籍の母親とナイジ…(12/17)

スマート工場を3万カ所構築 政府主導、中小企業が対象(12/17)

カカオ、相乗りサービス開始を無期延期(12/17)

韓国の自動車部品オリエント、越で設備拡大(12/17)

双竜自とSKT、自動運転向け地図を開発(12/17)

11月自動車産業、生産と輸出が微増(12/17)

セルラーV2X用端末機、KTが韓国初開発(12/17)

現代自グループ、部品会社に新たな支援策(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン