• 印刷する

【18年の10大ニュース】貿易摩擦で視界不良

今年の春先に垂れ込め始めた米中貿易摩擦という暗雲は、両国の数度の協議を経ても完全に晴れることはなく、中国の景気を冷え込ませる形でずるずると影響を及ぼした。

貿易摩擦は、3月にトランプ米大統領が中国製品に追加関税を課す大統領令に署名する形で火ぶたを切った。米国は7、8、9月と3度にわたり中国製品への追加関税措置を発動。中国による不公正な貿易慣習や知的財産権の侵害がその理由だ。今年は米国による中国通信機器メーカーへの制裁行為も目立った。

一方で中国は外資自動車メーカーへの出資制限緩和を中心とした市場開放や、輸入に特化した見本市「中国国際輸入博覧会」の初開催で貿易黒字の削減に努めるなど、米国も意識しながら各種の規制緩和策を実行した。

ただ国内の投資や消費の落ち込みもあり、第3四半期(7~9月)の経済成長率は6.5%増と、約9年半ぶりの低水準に沈んだ。自動車販売は不振にあえぐ。政府は景気対策として、年後半から投資や消費、雇用のてこ入れといった施策を相次ぎ打ち出している。

米国による対中制裁の拡大は12月の両国首脳会談で一時棚上げとなったものの、貿易摩擦と景気失速という表裏一体とも言える難題は、解決策が見通せないままだ。

米国との貿易摩擦や一帯一路沿線国への配慮から、中国は今年、輸入の拡大に力を入れた=11月、山東省青島港(新華社)

米国との貿易摩擦や一帯一路沿線国への配慮から、中国は今年、輸入の拡大に力を入れた=11月、山東省青島港(新華社)

【第1位】米中貿易戦争が勃発、世界経済にも影響

【第2位】市場開放拡大、米保護主義に対抗

【第3位】日中関係改善、平和友好条約40周年

【第4位】習政権2期目の全人代、憲法改正も

【第5位】景気の減速鮮明、政府はてこ入れ

【第6位】自動車市場に急ブレーキ、通年マイナスへ

【第7位】初開催の輸入博、成約額は578億ドル

【第8位】ZTEに制裁、華為CFOを拘束

【第9位】港珠澳大橋が開通、香港へ30分

【第10位】ワクチン不正事件で波紋、習主席も動く

【番外編】俳優出演料にメス、范冰冰さんへ巨額罰金


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

テイクオフ:今年2回目の土用の丑(…(08/07)

医療機器への苦情40倍 コロナで急増、航空券やゲームも(08/07)

下期は自動車にてこ入れ、内需拡大で発改委(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

上半期のサービス貿易、14.7%減の2.2兆元(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

危険化学品を緊急検査、レバノン爆発受け(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン