トヨタ工場のメガソーラー稼働 CO2ゼロ目標、比の第1歩に

トヨタ自動車の現地法人、フィリピントヨタ自動車(TMP)は5日、ラグナ州サンタロサ市の工場で太陽光発電システム(総設備容量1メガワット=1,000キロワット)の運用を始めたと発表した。トヨタグループは、2050年までの環境目標の一環で、工場の二酸化炭素(CO2)排出量ゼ…

関連国・地域: タイフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:他国に住む友人と、定期…(09/16)

ニッケル生産、比世界首位に インドネシアの禁輸措置が追い風(09/16)

19年昇給率5.9%にやや低下、日本人商議所(09/16)

自動車整備の特定技能取得 フィリピン人(09/16)

韓進重工現法の買収交渉、年内完了へ(09/16)

スービック港高速道の拡幅、来年9月に完成(09/16)

メラルコ、50万kW電力供給で3社内定(09/16)

包括税制の改革法案、下院最終読会を通過(09/16)

予算の年度内執行を徹底、大統領令に署名(09/16)

ナウテレコム、証取委が財政再建案を認可(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン