• 印刷する

たばこ税1箱129円、政府が議会に働きかけ

フィリピンの財務省は4日、前日に下院を通過した法案の、たばこ物品税の引き上げ幅が「不十分」との声明を発表した。同省は来年7月から1箱当たりの税額を60ペソ(約129円)とし、現行の35ペソから71%引き上げたい考え。7%増の37.5ペソとする下院案に不満を表明し、これから審議が始まる上院に増税を働きかける意向を示した。

下院は3日、たばこ税を引き上げる下院法案第8677号を賛成187、反対7、棄権1票で可決した。同法案は、たばこ税を来年から毎年7月に改定し、現行の1箱当たり35ペソから19年に37.5ペソ、20年に40ペソ、21年に42.5ペソ、22年に45ペソと、毎年2.5ペソずつ引き上げる内容。23年以降は毎年7月に4%上げる。年初に施行した税制改革法(TRAIN)で、たばこ税は昨年までの1箱当たり30ペソから1月に32.5ペソ、7月に35ペソに上がっている。

ドミンゲス財務相は声明で、未成年者による喫煙や、たばこに由来する疾病を減らすため、たばこの値段を十分に上げる必要があると強調。ドゥテルテ大統領の署名で法律が成立するまで、さらなるたばこ増税をあきらめない考えを示した。同省は、19年にたばこ税を1箱当たり60ペソとし、20年以降は毎年9%を引き上げる下院の当社案を支持している。

下院は3日、アルコール飲料の物品税を引き上げる下院法案第8618号も賛成189、反対7、棄権1票で可決した。同法案では、19年からブランデーやウイスキーなどの蒸留酒の従価税をアルコール度数当たりの小売価格の22%とし、従量税を1リットル当たり30ペソ課す。従量税は毎年5ペソずつ引き上げ22年に45ペソとし、23年以降は毎年7%増税する。ワイン、スパークリングワイン、料理用ワインなども増税する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都郊外のコンテナデポ稼働率低迷、閉鎖も(18:15)

クラーク工業団地、物流以外の企業も誘致へ(18:15)

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(20:30)

財閥SM、コリビング事業4800床に拡大(19:33)

テイクオフ:先日、フィリピンで初め…(06/17)

1Q経常赤字は12億ドル 6期連続赤字、対GDP比1.5%に(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

看護師「流出」懸念、予防策に賃上げ検討(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン