• 印刷する

近江牛PRイベント、HCM市で開催

滋賀食肉加工協同組合は「近江牛」のPRイベントを開催した=29日、ホーチミン市

滋賀食肉加工協同組合は「近江牛」のPRイベントを開催した=29日、ホーチミン市

滋賀食肉加工協同組合は29日、同組合にとってベトナム初となる「近江牛」のPRイベントをホーチミン市で開催した。地元の食肉関連業者や輸入業者など約20人に、職人が目の前でカットした近江牛が振る舞われた。

協同組合の喜多川誉浩氏によれば、海外ではステーキ用のロインなどの部位の消費が中心だが、今回は幅広い需要を喚起することを目的に肩ロースやウデ50キログラム近くを持ち込み、焼き肉やタタキ、スープとして提供した。

日本人の職人がカットの仕方を説明しつつ切り分けた近江牛を試食した男性は、「初めて食べたけどパーフェクトな味だね」と舌鼓を打った。イベントは1区にある近江牛の焼き肉専門店「サクラ・オウミBBQハウス」で行われた。

近江牛は日本三大和牛の一つで、きめの細かい滑らかな肉質や、しつこくない甘い脂が出す風味を特徴とする。滋賀県からベトナムへの近江牛輸出は昨年、パーツ買いで1頭分、今年はフルセットも含めて3頭分の実績がある。喜多川氏は「まだまだ他国に比べ少ないので、今回のイベントなどをきっかけに頭数を増やしていきたい」と意気込みを語った。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

円借款メトロ、工事停止も 梅田大使「年内の未払い解決を」(12/12)

11月の自動車販売数、23%増の3.1万台(12/12)

出光合弁のギソン製油所、商業運転を開始(12/12)

アンファットとビンF、合弁会社設立か(12/12)

タクシー連盟が発足、独自の配車アプリ導入(12/12)

2大都市の住宅需要、毎年26万戸(12/12)

ノバランド、1.5兆ドンの社債発行(12/12)

コンドテル、ホテルの部屋数上回る(12/12)

韓国ネクスト、越バイオ企業に出資(12/12)

青森県、ものづくり企業向け商談会を開催(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン