• 印刷する

エアアジアX、来年2月KL―福岡便就航

マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジアの長距離部門エアアジアXは29日、来年2月28日よりクアラルンプール(KL)―福岡便を就航すると発表した。

週4往復運航する。土・日曜は往路が午後11時50分にKL発、翌7時(現地時間)に福岡着。復路が午前8時に福岡発、午後1時KL着となる。一方、火・木曜は午後11時50分にKL発、翌午前7時10分(同)に福岡着。復路が午前8時25分に福岡発、午後1時25分KL着となる。

エアアジアは就航記念セールとして、来年2月28日~10月28日までの搭乗分についてエコノミー席を片道199リンギ(約5,380円)、プレミアム・フラットベッド席を799リンギで販売する。販売期間は今年11月30日~12月9日まで。

就航記念セレモニーに出席した宮川眞喜雄・駐マレーシア大使は、福岡の魅力について「豊かな自然とおいしい食事、温泉」などを挙げ、さらにマハティール首相がたびたび九州を訪問していることも紹介した。

一方、エアアジアXマレーシアのベニヤミン・イスマイル最高経営責任者(CEO)は「2010年の就航以来、日本路線の利用者数は600万人を超えた。依然として重要な市場」と新路線就航の背景を説明した。

エアアジアXによるKLから日本への直行便は、羽田、関西、新千歳に次ぐ4路線目となる。

KL―福岡便の就航を発表した宮川大使(右から3人目)、日本政府観光局(JNTO)KL事務所の丸山智惠彌所長(左から2人目)、エアアジアの関係者ら=29日、スランゴール州(NNA撮影)

KL―福岡便の就航を発表した宮川大使(右から3人目)、日本政府観光局(JNTO)KL事務所の丸山智惠彌所長(左から2人目)、エアアジアの関係者ら=29日、スランゴール州(NNA撮影)


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

マレー国境の通関24時間化 9月まで、貿易促進も恩恵に疑問(06/21)

移動式診療所と小型路線バス 商用車展、日系が独自路線の提案(06/21)

5月新車販売は41%増、大祭向けセール奏功(06/21)

イオンクレ、現法社長に木坂氏が就任(06/21)

RM=25.9円、$=4.15RM(20日)(06/21)

タクシー業界団体、不公平是正求め要望書(06/21)

セメント値上げ白紙、政府が業界各社と協議(06/21)

DNeX、ピンペトロリアム株売却へ(06/21)

MSMが事業多角化へ、輸入規制緩和を懸念(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン