首都で模倣医薬品40トン押収、内務省

カンボジア内務省の模倣品対策委員会(CCC)は、首都プノンペンで40トンの模倣医薬品を押収した。クメール・タイムズ(電子版)が21日に伝えた。 センソク区の製薬会社から避妊薬、練り歯磨き、こう薬、抗生物質などを含む138種、1万465箱の不正品を押収した。CCCのメア・…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

欧米の衣料品各社が懸念表明 首相に書簡、制裁決定前に対応を(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

新型ウイルス、カンボジアで初の感染者確認(01/28)

19年1~11月の対米貿易、38%増(01/28)

SEZ通じた輸出額、19年は27%増(01/28)

郵政省と華為技術、5G通信分野で覚書締結(01/28)

中国首相が武漢入り上海企業、9日まで休み(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

シアヌークビル空港、年央までに滑走路延伸(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン